みんなの経験・体験を知ってわたしらしい選択を
  • ホーム
  • 妊活・不妊治療
  • 女子カラダ
  • 病児・ママサポート
メニュー
  • ホーム
  • 妊活・不妊治療
  • 体験談
  • 妊活体験談 Vol.1 不妊治療を公表した    女子プロレスラー 旧姓・広田さくら選手
体験談 2016.02.17

妊活体験談 Vol.1 不妊治療を公表した    女子プロレスラー 旧姓・広田さくら選手

不妊治療に専念するため、男性不妊症とプロレス活動の休止を公表した広田さん。37歳での決断をご紹介します。

18歳で女子プロレスデビューし、34歳で結婚。結婚後も「旧姓・広田さくら」のリングネームで女子プロレスラーとして活躍。

その一方で、夫婦で不妊症と向き合っていた。病院に通い指摘されたのは「男性不妊症」。不妊治療に専念するため37歳になった2015年12月12日に『産休興行』を行い、プロレス活動の休止に入った。LK_2695 (427x640)

夫の男性不妊症がわかり、治療を開始

34歳のとき、4歳年下の男性と結婚。夫は、結婚当初から「子どもが欲しい」と望んでいましたが、少し経ったときに「もしかしたら、子どもができないかも知れない」と打ち明けられました。

当時、私は仕事のプロレスがものすごく楽しく、毎日が充実した日々を送っていたので、それほどショックではありませんでした。

子どもがいるのが夫婦の理想的なの形ではないし、「そうなんだ…」と淡々と受け止めました。

その後、夫は、本当に自分が子どものできない身体なのかを調べるために、まず市販の検査キットを購入したのですが、不安と恐怖心からなのか、長い間検査キットには手をつけずにいました。

そして、私が37歳になったときに、「もうそろそろ検査しないと…」と夫を促し、検査キットで調べた結果、「精子がゼロ」という判定に――。

すぐに病院に行こうということになりましたが、男性不妊症の情報が少なく、専門の病院を探すのはとても大変でした。同時に「これからどれだけ治療にお金がかかるのか」と経済的な不安も出てきて、頭がクラクラしました。

こうして夫は、やっと探し当てた病院で精液検査を受けることになりました。

 

「閉塞性無精子症」と夫が診断される

2015年5月、夫は「閉塞性無精子症」と診断されました。

「閉塞性無精子症」とは、日本泌尿器科学会によると、男性不妊症の精液検査で10人に1人くらいの割合で精液に精子が認められず、無精子症と診断される。閉塞性無精子症とは、精巣内では精子がつくられているけれども、精管(精子の通り道)がどこかで閉塞しているために射出された精液の中に精子が含まれていない状態のこと。無精子症には、このほか精巣で精子がつくられていない非閉塞性無精子症のタイプもあります。

参考文献:日本泌尿器科学会「一般のみなさま向けサイト/パートナーがなかなか妊娠しない」

担当医から今後の治療や費用について説明を受けたものの、すぐには受け入れることができませんでした。それから約2か月間、違う病院に行ったり、いろいろな情報を探したりもしましたが、結局は最初に行った病院で本格的な治療を開始することを決めました。

そして、2015年9月、夫は手術を受けました。

手術で精巣から精子を採取することができて、夫はものすごく晴れ晴れとした顔で手術室から帰ってきました。あのときの夫の安堵した気持ちは計り知れないものだったと思います。

そして、その日から、私の治療がスタートしたのです。

 

不妊治療を公表することの迷いと苦悩と決断

夫の手術が終わると、今度は私の番です。

そもそも、私は夫が病院に通い始めた頃、不妊治療のために仕事を休むことを心の中で決めていました。

もちろん仕事の都合があるので、治療は逆算で計画しました。すべての治療が順調に進むと過程して、できれば12月後半か1月に胚移植をしたい。そのためには、10月までに自分の身体の準備をして、体調を整えて、採卵をしたいと考えました。

9月に夫の手術。10月に私の採卵。

この時期に治療をしたのは、ほかにも理由があります。

「プロレス」という仕事を休まないといけないことを、どのような形で公表するのがよいのか?また、“休業する”前に興行をしたい…。

夫の精子があるかどうかは手術しないとわからなかったのですが…もし仕事を休むのなら12月に興行をしたい。そのために9月に発表して、会場の手配やチケット・チラシの準備がギリギリ間に合うかどうかといったスケジュールでした。

本格的に不妊治療を開始した7月以降、夫婦でどのように公表すればよいのか、ずっと話し合いました。それは2人の中では大問題だったからです。

夫に精子があるかどうか、まだわからない時期に「不妊治療のために休業する」と発表してよいのものか――。夫からは「体調不良を理由に休め」と言われました。でも私は、絶対にきちんと公表したいと思っていました。夫に原因があるということまでは言わないにしても「不妊治療に専念する」ことは、ちゃんとファンのみなさまにお話したいと思っていたのです。

夫ももすごく悩み、苦しい時期だったと思います。

 

私は17歳のときに、プロレスの世界に入り、それからは自立して仕事をしてきました。

夫だけでなく私も収入がある状態ですが、不妊治療では多額の費用が必要になり、経済的な不安も抱えることになります。

不妊治療を行うことで仕事が一時的にできなくなり、その結果、収入が減る……。私の仕事はちょっと特殊で、何の保証もない世界です。

それまでは経済面で、夫に甘えず、仕事ができる間は「私は、私でしっかりがんばるんだ」という思いでやってきました。

しかし、治療を開始し、出産までこぎつけた場合、私は収入がなくなる状態になります。だから、その前に少しでも夫の経済的な負担を減らそうと思い、私が主催する興行を行いたいと思っていたのです。

また、自分自身の生き方にけじめもつけたいという思いもありました。だから「体調不良でお休み」ということでなく、きちんと「不妊治療に専念するため、年内でお休みします」と伝えたかったのです。

しかし、夫は夫で、男性であることを否定されかねない不安を抱えた手術が控えていて気持ちに余裕がなく、私の思いを打ち明け、理解してもらえるような状況ではありませんでした。手術までの2か月間、夫婦殺伐とした感じになり、すごかったですね。よく別れなかったなと、今振り返ると思います。

手術から少し経ったある日、夫に「何と言って、興行を発表しよう?」と尋ねると、「本当のことを言ってもいいよ」との思いがけない返事が――。

これには驚きました。精子がいたことがわかった安堵感と喜びなのか、事実を公表することを許してくれたのです。

夫の気が変わらないうちに、私はすぐに記者会見の手配をしました。

広田さくら

不妊治療前最後の試合を終えて…

2015年12月12日(土)に、新木場1stRINGにて、

旧姓・広田さくら自主興行『産休興行』を無事に終えた広田さん。

IMG_4549

Q 「産休興行」というネーミングにした真意は?

A  本当は「妊活興行」にしたかったのですが、夫から絶対にイヤだと反対されました。「妊活」という言葉は、まだ男性の中では浸透していない部分もあり、変なイメージを持つ(夜の営みを連想する)人もいて……。

 

Q 不妊治療を公表して反響はいかがでしたか?

A すごくよかったです。記者会見で発表したあとすぐに「実は私も……」というファンの方からの声もありました。また、男女問わず多くの選手が「応援します」と連絡をくれました「男性不妊症を公表してもよいと言ってくれた旦那さんを尊敬します」という声も多くいただきました。

IMG_0095

「プロレスは、勇気や元気を与えられるもの」。だからこそ「プロレスラーも発信していくことが大切」と語る広田さん。

「私が打ち明けることで、同じ境遇や、不妊症や不妊治療と向き合っているご夫婦に少しでも元気をあげられるかもしれない」という思いから今回の公表を決意したということです。

 

最後に応援してくれるファンへ向けて……

DSC_7318

「計算通りに治療はいかないもので、ちょっと予定が延びたりしていますけど、

私も気長にやるので、みんなも気長に待っていてください」と笑顔で話してくれました。

 

広田さんもゲストで登場!「第1回女子カラダ妊活塾」開催します

「女子カラダ元気塾」では、不妊治療を行っている方、子どもが欲しいと思っている方、不妊治療を始めることを考えている方を対象に「妊娠しやすいカラダづくり」をテーマに不妊治療のエキスパートのお話を伺う会を開催します。少人数のアットホームな集まりです。

病院では聞きづらいこと、わからないことなど、日頃の疑問や悩みについて、お茶を飲みながら、専門家と一緒にざっくばらんにお話しのできる時間を一緒に過ごしませんか?

 

第1回目は、体外受精・顕微授精をはじめ高度生殖医療の専門家である、群馬パース大学の荒木康久教授(検査技術学科)と、一般的な不妊治療だけでなく、栄養と運動による妊娠しやすいカラダづくりの指導にも力を入れて診療されている大宮レディスクリニックの出居貞義院長のお話しを伺います。

開催日 2016年2月20日(土) 16時〜19時30分

場所  月島荘  ダイニング

東京都中央区月島3−26−4

都営大江戸線「勝どき駅」徒歩5分
東京メトロ有楽町線「月島駅」徒歩5分

参加希望の方は、女子カラダ元気塾のお問い合わせフォームの

コチラから(「妊活塾へ参加希望」と明記ください)

 

100人いれば100通り 〜不妊治療の始まりと終わりは?〜

以下にアンケートページを作りました。私たちの活動に賛同してくださる体験者の方、特に妊活を終えた方の体験をお寄せいただけると有難いです(いただいた内容は許可なく公開いたしませんので、ご安心ください)。

さらに、これから始めるさまざまな活動に協力していただける方は、連絡先もご入力頂けますと大変嬉しく存じます。(連絡先は厳重に管理させていただきます)。

 

◆不妊治療を卒業した方

◆不妊治療中の方

多くのみなさまからのご連絡をお待ちしております。

また、こんな情報が欲しい、などのご要望もぜひ上記入り口からお書きください。

新着記事

16880661_1182368478527385_1370937341_o
調理スタッフ募集★ミールプログラム
子どもが入院中のご家族が滞在する施設(ファミリーハウス)の1 (続きを読む)
2017.05.08
20161225_2
12月のミールプログラム開催報告
2016年12月は、ミールプログラムを3回開催できました!クリスマ (続きを読む)
2017.01.09
zentai
12/25(日)に第3回中高生のためのミールプログラム開催します!
第3回 中高生のためのミールプログラム 病気の子どもを看病す (続きを読む)
2016.12.09
IMG_1903
8~10月のミールプログラム参加者募集!
★ミールプログラム開催予定★ 子どもが入院中のご家族が滞在する (続きを読む)
2016.07.20
1B7A0159
第5回「女子カラダ妊活塾」 〜みつめてみよう!かけがえのない生命の営みを〜
女子カラダ元気塾の「妊活イベント」第5弾です! 「生命の誕生 (続きを読む)
2016.06.27
土手口さん
7月3日(日)にママのための骨盤体操教室開催!
産後ママ、育児中ママの腰痛・肩こり・体調不良に骨盤体操! 産 (続きを読む)
2016.06.12
青空に向かって手を広げる一人の女性
第2会通常総会・交流会無事終了しました!
5月28日、中央区月島の月島荘にて、第2回通常総会と交流会を行 (続きを読む)
2016.06.01
asian baby and mother relaxing
「怒り」をうまくコントロールしてHappyな子育て!~アンガーマネジメント勉強会~
発達障害児を育てるママ応援企画第一回目開催します! 本当は怒 (続きを読む)
2016.05.18
3
1~4月ミールプログラムメニュー紹介/調理スタッフ募集中★
毎月第四日曜日に、米澤文雄シェフ(ジャン-ジョルジュ 東京料理 (続きを読む)
2016.04.24
logo_large
【メルマガ登録受付中】活動予定や活動報告をお届けします!
「女子カラダ元気塾通信(メルマガ)」に登録しませんか? 今年 (続きを読む)
2016.04.16
logo_large
【体験談募集中】あなたの妊活体験/子どもの入院体験についてお聞かせください。
NPO法人女子カラダ元気塾は、<一筋縄ではいかない妊娠・出産・ (続きを読む)
2016.04.14
IMG_0304
第2回女子カラダ妊活塾 レポート
元ミス日本で現役の産婦人科医・丸田佳奈医師による「女性ホルモ (続きを読む)
2016.03.28
IMG_8949
第1回 中高生のためのミールプログラム★4月3日(日)に開催します!
病気の子どもを看病するお母さんに夕食を作る調理ボランティアに (続きを読む)
2016.03.06
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第3回「女子カラダ妊活塾」 ~不妊治療をやめるとき~ 参加者募集!
女子カラダ元気塾の「妊活イベント」第3弾です! 「不妊治療を (続きを読む)
2016.03.05
%e4%b8%b8%e7%94%b0NEW%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e5%86%99%e7%9c%9f
第2回「女子カラダ妊活塾」〜女子ホルモンを知ろう〜 参加者募集! 
女子カラダ元気塾の『妊活イベント』の第2弾です! 「妊活の第 (続きを読む)
2016.02.28
LK_2695 (427x640)
妊活体験談 Vol.1 不妊治療を公表した    女子プロレスラー 旧姓・広田さくら選手
不妊治療に専念するため、男性不妊症とプロレス活動の休止を公表 (続きを読む)
2016.02.17
peatix_image_proxy
木村泰子元校長先生の講演会付き!「みんなの学校」上映会やります
※上映会へのお申込みは、PeatixというWebサイト上から承っていま (続きを読む)
2016.02.07
umareru1
3月19日(土)に『うまれる』上映会を開催します!(午前/午後)
好評につき『うまれる』上映会ふたたび開催します! 昨年6月に開 (続きを読む)
2016.02.06
IMG_9518
米澤シェフに教わる「体験型ミールプログラム」始めました! 料理好き女子にもファミリーにも大好評
昨年から始まったミールプログラムは早くも5回目を迎えました。 (続きを読む)
2016.02.04
img-15
第1回「女子カラダ妊活塾」を開催します!〜妊娠しやすいカラダづくり〜参加者募集!
2016年、女子カラダ元気塾は『妊活イベント』も開催いたしま (続きを読む)
2016.01.04
病児のママを支えたい 女子カラダ元気塾・光原ゆきさん:朝日新聞デジタル2
朝日新聞デジタルApitalでご紹介頂きました!
クリスマスイブにApitalというサンタさんから女子カラダ元気塾に (続きを読む)
2015.12.24
IMG_8982
【募集中★調理スタッフ】米澤シェフと一緒に病児看護中のご家族へ夕食を作りませんか?
2016年3月までのミールプログラム実施日が決定しました!入院し (続きを読む)
2015.12.05
IMG_9406
三ツ星レストランのシェフふたたび!第4回ミールプログラム
11月29日(日)、4回目のミールプログラムを「ドナルド・マクド (続きを読む)
2015.11.29
ガーラント
11月29日(日)ミールプログラム 調理スタッフ募集
  三ツ星レストラン「ジャン・ジョルジュ東京」の天才シェ (続きを読む)
2015.11.18
IMG_9323
ミールプログラム@ドナルド・マクドナルド・ハウス東大
11月1日(日)第3回ミールプロジェクトを実施しました。今回は (続きを読む)
2015.11.12
10
病児ママへの食事サポート「ミールプログラム」に ミシュラン三つ星シェフ・米澤文雄氏が参加!
9月27日(日)にドナルド・マクドナルド・せたがやハウスで第2 (続きを読む)
2015.10.01
IMG_8819
ミールプログラム@ドナルド・マクドナルド・ハウスせたがや
7月12日(日)第一回ミールプロジェクトを実施しました。病児マ (続きを読む)
2015.07.18
IMG_0439
「うまれる」「うまれる ずっと、いっしょ。」映画上映会レポート@GINZA Lounge ZERO
「いのち」「家族」「つながり」を感じた4日間 6月22日、23日、 (続きを読む)
2015.07.04
IMG_8644
縁日&ランチ付 映画上映会 @西新井・銀木犀レポート
6月21日(日)「父の日」に開催された女子カラダ元気塾のイベ (続きを読む)
2015.06.24
呼吸法を教わります
女子カラダ”ヨガ”塾@LLPW-Xレポート
6/7(日)に開催された女子カラダ元気塾のイベント会場はこちら (続きを読む)
2015.06.12
anjunおいしいせっけん1
女子カラダせっけん塾イベントレポート
こんにちは。女子カラダ元気塾です。 5月31日、設立パーティ (続きを読む)
2015.06.04
DSC_4725
6/21(日) 縁日&ランチ付 映画上映会「うまれる ずっと、いっしょ。」@西新井大師 銀木犀
一人でも多くの方に見てもらいたい!「うまれる ずっと、いっし (続きを読む)
2015.05.27
うまれるメイン
『うまれる』『うまれる ずっと、いっしょ』のダブル上映会@銀座が決定!
銀座に『うまれる』『うまれる ずっと、いっしょ。』がやってき (続きを読む)
2015.04.30
神取さん&井上さん
第1回女子カラダ”ヨガ”塾 参加者募集!
LLPW-Xと女子カラダ元気塾のコラボレーション!井上貴子選手によ (続きを読む)
2015.04.30
せっけん塾_n
女子カラダせっけん塾~オリーブ油100%のせっけんを作ろう~
イベント開催のお知らせです! <大切な家族の肌をいたわるママ (続きを読む)
2015.04.30

新着インタビュー 一覧へ

このページの一番上へこのページの一番上へ